2020年3月の開運メッセージ!はづき数秘術でより豊かに♪

数秘術

はづき数秘術で読み解く2020年は『22:大波乱』の運勢の波を含んでいる、『4:共生と波乱』の年です。そして、2020年令和2年である今年は見てお分かりの通り『2』が並ぶ年。

 

『2』は女性性を表わす数字です。このことから、今年は『女性性』に目覚めた女性が活躍を始める年となる傾向があります^^

 

2020年の実質スタートは、3月20日の『春分の日』。ということで、今回は『22:大波乱』の幕開けである3月は、どのように過ごすと開運に繋がるのかについてお話しますね。一緒に見ていきましょう~♪

2020年3月の開運メッセージ

はづき数秘術で読み解く2020年3月は、『7:休息』の月です。今年は文字通りに休むのではなくて、2020年はこれからやってくる「波乱」の波に備えての準備が必要な時期なのです^^

 

準備というのは物質的なものではなく、「精神面や魂のレベルでの準備」が必要になります。これが何を意味しているのかについては、次に詳しくお話しますね。

スポンサーリンク

精神面・魂レベルでの準備が必須!

まず最初に、「精神面・魂レベル」での準備は…

  • 自分自身を責めずに、また他人を決して裁かないこと

が必要です。というのも、2020年は『4(22):共生と波乱』の年です。

 

今までの男性優位の社会から、女性性の時代へと変わっていく波が速くなっていきます。つまり…

  • 古い時代の方法を手放せない人
  • 新しい時代の方法にシフトする人

との違いが明らかになるのです。この現象が意味するものは、さまざまなトラブルが発生する可能性があるということなのです。

 

人と争いがおきたり、自分の正しさを通そうとするとか…。もし、これをしてしまうと、古い時代の波に飲みこまれてしまいますので、気が付いたときにちょっと立ち止まってみてくださいね^^

 

こうしたことから、2020年3月は自分の精神レベルを試されることが起きやすいタイミングになります。

 

開運ポイント!

「古い時代の方法を手放さない人」と「新しい時代の方法にシフトする人」のどちらが正しいかを争っている限り、…新しい時代の波に乗ることは難しいですよね。

 

信じられない話かもしれませんが、「自分は神」であり「相手も神」なのです。人の数ほど真実はあります。

 

他人は自分の内面を映し出す鏡といわれていますよね。これを少しでも意識することで、自然に自分を責めたり相手を裁くこともなくなっていき、運が開けていくと思います^^

スポンサーリンク

おわりに

今回は2020年3月の開運メッセージとポイントを紹介しました。今はすぐに完璧にできなくても、その味方や考え方を知っているだけでも価値があります

 

「すべての人が正しい」と私は思っています。でも、「自分だけが正しい」と主張するのは違うと思います。全ての人に真実があって、全てが正しいのです。

 

それぞれ人に違いはあります。それを認めてバランスを取りながら、一つにまとめることが新しい時代である、『2:女性性』の時代の本質。そのためには、「争わない」「裁かない」ことです。

 

一呼吸おいて、「自分の精神や魂のレベルを上げるためのできごと」だと思って、軽やかに対処していくことがより良い未来を招くコツとなります^^

 

 

はづき数秘術鑑定ではさらに詳しいお話ができますので、ぜひ個人セッションにいらしてくださいね^^⇒ はづき数秘術個人セッション